ゴール設定が上手くいかないと感じた時は大きな視点で考えてみる〜人生を通して達成したいことは何か?

「今のままでは嫌だ。もっと人生を変えたい」。このような想いからゴールを設定するが、何か心の底から感情が揺らぐようなゴールになっていないと感じている方もいるのではないでしょうか?日々、世の中の大量の情報に触れていると、本当はもっと凄い自分に成りたいのに関わらず、常識のレベルにゴールを設定している可能性があります。ゆっくりとした時間を取り、自分を無意識に抑圧していないか確認してみましょう。「こんな自分になれたら凄い!」素直にそれをゴールに設定することで変化は加速します。

私たちは普段、日々仕事をしながら、世の中の大量のニュースや価値観に触れる生活を送っています。その情報で頭がいっぱいのままゴール設定をしようとすると、どうしてもゴールが卑近なものになりがちです。

例えば、これからITエンジニアを目指している場合、今の1.5倍くらいの年収を得て、雑誌に書いてあるような服を着、食べ物を食べ、憧れの生活を送る。もしかしたら、このようなゴールを持っているかもしれません。ゴールは人それぞれ違うのでこのようなゴールもいいと思います。※ ゴールの定義については一旦ここでは置いておきます。

でも、もしそのようなゴールを設定し、なかなか変われない、本当にやりたいことと違うかも、と感じているのなら、一度、「本当は、もっと凄い自分になりたいのではないのか?」ということを自問自答してみると、違うゴールが見えてくるかもしれません。

本当は、そのような生活がしたいことではなく、世界で困っている人の命を救う仕事をしたかったのかもしれません。でも、今そのようなスキルがないからと無意識に諦め、選択肢の中から外してしまっているのかもしれません。

「人生を通してこれを達成できたら本望だな」と思うことは何でしょうか?普段とは違う場所で、一人ゆっくりリラックスして考えてみてください。直ぐにではなくとも、きっと見つかります。

今ないスキルはこれから身につければいいだけです。今あるスキルから現実的なゴールを設定しようとすると、本当にやりたいゴールが見えなくなります。本当にやりたいことをゴールに設定し、そのために必要なスキルはこれから十分に身につけられます。

一度しかない人生です。人生を通して本当に達成したいことを想像してみましょう。「こんなことができたら凄いな!」そのワクワク感をそのままゴールに設定しましょう。そんな自分になれたら嬉しいですよね。それを実現していきましょう。

Posted by akama